市民大学ちた塾
  1. トップページ
  2. 理事長挨拶

理事長挨拶

ごあいさつ

フリーページ3
市民大学ちた塾
理事長 吉川佳代

 草木の多彩な色で和むこの時期が、今年は新型コロナウイルスの一色です。ニュースで知った時は「大変だなあ」と他人事の様に思いましたが、あっという間に世界中に飛び火し、私たちの生活も不安の日々に変わりました。
ちた塾の令和元年度後期講座は、2月28日より知多市公共施設が閉館になったことで、全て中止といたしました。
教員・学生のみなさんの安全安心を第一に考え、知多市教育委員会と検討し、決定させていただきました。学生のみなさんには最後まで講座を楽しんでいただくことが叶わず、残念でなりません。また講座中止に際し、ご迷惑をおかけいたしました。ご理解ご協力、本当にありがとうございました。事務局では、新型コロナウイルス感染症の一刻も早い収束を願いながら、講座再開をまちわびる学生の声に後押しされ、春夏講座の準備をすすめてきました。
 こんな中、4月1日には生涯学習ガイドブック「コノハナ」春夏号が市内全戸に配布され、令和2年度前期講座申し込みがスタートしています。「コノハナ」に掲載された233講座+スペシャル講座2講座は、自らの意思で教えたいと手を挙げた人と、この講座で学びたいと選んだ人たちを結びつける新しい出会いの場であり、学ぶことのおもしろさに気づく場にもなるでしょう。
 これからもちた塾は、学びやすい環境づくりに心がけ、みなさんと一緒に、学びの場を作っていきたいと思っています。